[バージニア州 ]大麻法案の改正が2022年7月1日に発効します。


バージニア州では合法化から1年が経過し、大麻法に関する複数の変更が施行されます。

公然所持
共和党のグレン・ヤングキン知事は、4オンス以上の大麻を公共の場で個人的に所持する行為を再犯罪化する文言を含む2022年度予算案に署名しました。新法では、4オンス以上1ポンド未満の大麻の公然所持は、500ドルの罰金に処せられるクラス3の軽犯罪となります。2回目以降の違反は、最高で6ヶ月の懲役および/または1,000ドルの罰金に処せられるクラス2の軽犯罪となります。

NORMLの開発ディレクターでバージニアNORMLの事務局長であるJMペディーニは、「ヤングキン知事の行動は、合法化を後退させないという選挙公約と正反対であり、大多数のバージニア市民の意見とはかけ離れています」と述べています。

2021年、バージニア州の合法化法が施行されたわずか1日後、ヤングキン陣営は “グレン・ヤングキンは(法の)撤廃を目指さない “とツイートした。


「この政権は、合法的な成人用大麻市場を確立する努力も連邦内で販売されるすべての大麻製品が正確に表示され、消費者の安全のために規制されることもしていない」と、ペディーニは付け加えました。

ヤングキン知事は、4月の拒否権発動中にSB591の修正案を制定して、成人による2オンスの大麻所持に関わる行為を再犯罪化しようと試みた。しかし、バージニア州上院が修正案の提出を拒否したため、この試みは失敗に終わった。

ジェニファー・マクレラン上院議員(民主党9期)が大麻所持の再犯罪に反対する演説を行った。

「予算委員会とヤングキン政権は、既存の大麻取締法について根本的に理解していないようだ。もし、この新しい軽犯罪の意図が違法な取引を減らすために、公共の場でより多くの大麻を所持することを防ぐことにあるのなら大麻の配布を意図した所持が、すでに複数の法律で禁止されていることを知るべきだ。そのような違反に対する罰則はすでに成文化されている」とペディーニ氏は指摘する。

さらに問題なのは、4オンスという所持制限が大麻の花、種子、濃縮物、食用物などを含む「大麻」の定義であることです。

大麻取締局理事会が食用やその他の抽出ベースの製剤に相当する所持量を公布できるようになるまでは、ヴァージニア人は自宅以外で食用大麻製品を所持することですぐにこの新法に抵触する可能性があります。”と述べています。

2022年のバージニア州総会では、下院一般法小委員会の共和党メンバーが、今年9月から成人への大麻小売販売を開始しようとする上院後援の法案、SB391のさらなる前進を阻止した。

個人栽培
再犯罪化とは対照的にバージニア州NORMLは、責任ある消費者と公共の安全に好影響を与える政策の擁護に成功しました。予算に含まれる文言は、個人使用の大麻の所持が罰則の対象ではないことを明確にし、個人栽培に関する複数のクラス6重罪(植物にタグを付けない、公共の視界から隠す、21歳未満の者のアクセスを防ぐ)を撤廃するものです。このような軽微な個人栽培の違反は、25ドル以下の民事罰の対象となります。

消費者の安全
追加予算の文言では、21歳未満への「経口または吸入による」摂取可能なTHCを含む製品の小売販売や、他の有名ブランドに似せて製品を包装することも禁止されています。

「承認された消費者安全に関する文言は、市場に出回っている規制されていない製品に対して最も基本的なレベルの試験と消費者情報を要求しているに過ぎません。また、合成大麻や高THC製品をバージニア州で生産される合法大麻製品に要求される厳しい規制監督を受けずに、小売や卸売で販売できる既存の抜け道が維持されています」とペディーニは付け加えました

“バージニア州は、予算による立法によって、小売大麻を合法化した。我々はそれを「大麻」と呼ぶことにしているだけだ。”予算の文言に反対意見を述べた代議員ドーン・アダムスは、バージニアNORMLにこう語った。ヤングキン知事のペンの一撃で、すべてのテトラヒドロカンナビノール(δ9型THCだけでなく、δ8型THCやその他の合成物質)が、『大麻』と表示される限りバージニア州で合法となる」と、大麻医療にかなりの専門知識を持つ看護師のアダムス博士が付け加えた。

バージニア州農業消費者サービス局と司法長官室が木曜日遅くに発表した声明によると、合成カンナビノイドを食品に添加した場合、今後は粗悪品とみなされるとのことだ。

VDACSの食品安全プログラムは、バージニア州の食品製造業者、小売食品施設、登録産業用麻加工業者に人間の消費を目的としたすべての製品は食品または飲料とみなされ、バージニア州食品飲料法の要件を満たす必要があることを通知する文書を配布する。化学合成されたカンナビノイドは食品不純物とみなされ、化学合成されたカンナビノイドを食品または飲料として製造、販売、または販売のために提供する者はバージニア州食品および飲料法に違反することになります。VDACSのコミュニケーションでは、化学合成されたカンナビノイドは食品不純物であり、δ8THCを含む化学合成されたカンナビノイドを食品または飲料として製造、販売の申し出をする者はバージニア州の食品飲料法に違反することを通知する。
2022年6月30日

医療用を
今年初めにヤングキン知事が署名したHB 933とSB 671という法案は、患者が登録開業医から証明書を受け取った後、薬局委員会に登録するという要件を撤廃するもので、2022年7月1日にも施行される予定です。患者は、州内の医療用大麻薬局で買い物をする場合にのみ、証明書が必要になります。患者は、この証明書を取得するために登録開業医を受診する必要があり登録代理人は引き続き登録が必要です。物理的なカードを受け取りたい患者は、薬学委員会に登録することでカードを要求することができます。

「今回の法改正は、医療用大麻の使用を待ち望んでいる多くの人々に大きな安心をもたらすでしょう。「毎週、何十人ものヴァージニアンから、登録手続きに苦労し薬局委員会から承認を受けるまで60日間も待たされることに不満を感じているという話を聞いています」と、ペディーニ氏は付け加えました。

現在、プログラム登録者は5万人を超えています。可決された時点では、まだ承認待ちの申請者が8,000人いると推定されます。

最終投票日の直前には、大麻関連の最終修正案が提出され、加工業者が新しい施設に移転した場合でも医療用大麻の栽培が中断されないようにし、患者のための製品入手に支障をきたさないようにするためのものです。

テレビでは絶対に報道しない『最新の大麻情報』を発信するBLOGです

関連記事